顎から先に生まれる

自動車買取とクラシック・カー

 一般に流通している乗用車などは、残念ながら殆ど資産運用の対象などにはなりません。しかし例外的に、クラシック・カーのように資産価値のある車も中には存在します。そしてそのような高価な車は投機の対象にもなり、まるで金の延べ棒のような金融資産として扱われることもあります。
 そうなってきますと、その車はもはや自動車買取の範疇には収まりません。宝飾品や美術工芸品のような宝物扱いとなります。そう言えば自動車関連業界のお金持ちの方の中には、クラシック・カーのコレクターも大勢いらっしゃるそうです。
 クラシック・カーには車としての魅力もあり、おまけに資産価値まであるのですから、車好きの方には堪らない魅力なのかも知れません。できれば私も一台くらい欲しいのですが、それは夢のまた夢です。

自動車買取相場 自動車査定相場を把握して手間をかけずに愛車を高く売るテクニック!

2012年11月8日

関連記事